浮気調査、不倫調査は、浮気調査のプロへご依頼下さい

浮気から離婚へ、よくあるパターン

離婚するパターン

浮気をしていてそれが原因で離婚を言い出す場合、わかりやすい特徴があります。

すべてが浮気が原因であるというわけではありませんが、共通した態度がありますので、よくある典型的なパターンをあげてみました。

1.突然、離婚したいと言い出した。もう離婚を決意しているようである。

相手の言う離婚の理由は”性格の不一致”。やり直しの話しには応じませんし、まともな話し合いができないことが多いです。

2.よく考えてみると、最近、帰宅が遅くなり、出張や外泊が増えた。

浮気が原因で離婚を言い出す場合、大抵は行動パターンの変化があります。本当に性格の不一致で離婚しようと思う場合、離婚を言い出してくる前に何らかの話し合いをしようとするものです。

3.離婚に応じなければ生活費を入れないと言い出す。

徐々に減らしてくることが多いです。中には給料振り込みの口座を変更してしまうことも。浮気相手との行動に比重が大きくなり、出費も増えますので、自由に使えるお金を欲しがります。

4.家を出ると言い出す。

最近は奥様に出て行けと言うのではなく、ご主人が出て行こうとするケースが非常に多いです。浮気調査を行うのであれば、同居中の方がいいですから、証拠が撮れるまでは別居に応じないのがベストです。

5.住所も教えずに家を出る。

家を出てしまうと、やり直しの道を探ることは非常に困難です。また、行動パターンがつかめなくなりますから、調査をする上でも困難になることがあります。

フリーダイヤル0120-4166-08で、浮気調査、不倫調査の無料相談受付中。
© よいルーム東京中央 - 浮気調査は、浮気調査専門の探偵へ - 浮気調査 モバイルサイト